交通事故で頼れる弁護士ガイド~名古屋版 » 弁護士による交通事故トラブル解決事例in名古屋

弁護士による交通事故トラブル解決事例in名古屋

ここでは、交通事故を弁護士に解決してもらった名古屋地区での事例を紹介しています。

単純ではない、交通事故の争点

交通事故の解決というのは、一筋縄にはいきません。その原因のひとつが、後遺障害という問題です。後遺障害とは、よくいわれる後遺症のことです。治療が終わっても完全に健康状態には回復できず、具合の悪いところが残ってしまうことをいいます。

交通事故の示談や裁判では、この後遺障害が大きなポイントになります。後遺障害がどんな等級で認定されるかで賠償金が変わりますし、いったん和解した後で後遺障害が出てきてしまうといった困ったことも少なくありません。後遺障害に代表される交通事故にまつわる様々な厄介ごと!それを解決するための法的なサポートをしてくれるのが弁護士なのです。

このコンテンツでは、弁護士がその専門知識を活かして取り組んでくれるトラブル解決例を紹介しています。また、それとあわせて、保険会社との争点となるキーワード=過失相殺についても理解できるようにしてみました。交通事故の訴訟がどんなポイントで争われるのかのイメージをつかんでいただければと思います。

保険会社との示談成立後に病状が悪化

示談書には「訴訟の提起等を一切しない」「今後名目のいかんによらず双方とも何ら請求をしない」といった文言が入っています。この文書を見ると、示談後に後遺症が発生してしまった場合、追加で請求はできないのではと思いますが、そのようなことはありません。

ここでは示談後に症状が悪化し、弁護士に相談した結果、損害賠償を獲得することができた例を紹介しています。

納得できなかった保険会社の提示額

交通事故の慰謝料の算出には3つの基準「自賠責保険基準」「任意保険基準」「裁判所(弁護士)基準」が設けられています。

この中で慰謝料が最も高い基準は「裁判所(弁護士)基準」。しかし保険会社はこの基準で慰謝料の算出をしてこないことが多いです。つまり保険会社の言うままに示談に応じた場合、慰謝料が低い額しか提示されない可能性があります。そうならないためにも、弁護士に相談することをおすすめします。

ここでは保険会社の提示額に納得できない場合の事例を紹介しています。

過失割合と過失相殺の判例集

交通事故の状況や不注意の度合いを加味して、損害賠償額が増減するのが過失割合、過失相殺の考え方です。

過失割合は損害賠償金に直結するため、保険会社との示談交渉や裁判において、最も争われることになるポイントです。基本的なケースを紹介します。