交通事故で頼れる弁護士ガイド~名古屋版 » 交通事故の部位別・障害種別後遺障害 » 高次脳機能障害

高次脳機能障害

交通事故における高次脳機能障害とはどのようなもの?

交通事故による高次脳機能障害とは、脳が損傷をうけたことで脳が本来もっている知的活動に障害を起こす症状のこと。

たとえば、うまく言葉が話せなくなる言語障害や、物事を覚えられない記憶障害、注意力が散漫になる注意障害をはじめ、学習、思考、精神などに異常をきたす障害です。

個人差があり時間をおいて発症する場合も

また、ひとくちに高次脳機能障害といっても個人差が大きく、脳が損傷を負った場所やダメージの軽重によって症状はまちまち。交通事故直後に症状があらわれる場合もあれば、時間をおいて発症する場合もあり、障害等級の認定基準がとても難しい障害でもあります。

その障害の特性から、症状を自覚できない場合もあるので、少しでも異常を感じたら診察をうけるようにしてください。

高次脳機能障害認定の主な症状

記憶障害

交通事故にあう前の記憶を思い出せない、新しいできごとや情報を覚えられない、などの症状がある

注意障害

大切なことにもかかわらず意識を集中させることができない、本来フォーカスすべきことに焦点をあてられない、注意力が散漫な状態

遂行機能障害

論理的に思考することができず、計画を立てたり、ものごとを推察したりすることができない。自分の行動を客観的に分析、評価することもできなくなる状態

社会的行動障害

まわりにあわせて、行動や感情を自分でコントロールできない。自発的に活動できなくなったり、うまく人間関係を構築できなくなったりするケースも

病識欠如

自分自身の障害を認識できない状態

高次脳機能障害の後遺障害等級

交通事故による高次脳機能障害は下記等級に認定される可能性があります。

1級1号

神経系統の機能または精神に著しい障害を残し、常に介護を要するもの

2級1号

神経系統の機能または精神に著しい障害を残し、随時介護を要するもの

3級3号

神経系統の機能または精神に著しい障害を残し、終身労務に服する事ができないもの

5級2号

神経系統の機能または精神に著しい障害を残し、特に軽易な労務以外の労務に服する事ができないもの

7級4号

神経系統の機能または精神に障害を残し、軽易な労務以外に労務に服する事ができないもの

9級10号

神経系統の機能または精神に障害を残し、服する事ができる労務が相当な程度に制限されるもの

高次脳機能障害の等級認定はどこで判断されるのか

高次脳機能障害の判断はかなり難度が高く、専門医の診察をはじめ、交通事故相談の長けた弁護士のサポートは必須です。精神にかかわる面が大きいため、ケガなどと同じ尺度で測ることができません。

とくに、自覚症状がないまま示談が成立してしまうと、あとから高次脳機能障害の損害賠償を請求することはかなり困難。ちょっとでも交通事故前と「違うな」「おかしいな」と感じる点があれば、早期に専門医を受診し、高次脳機能障害の有無をハッキリさせておくことがポイントとなります。