交通事故で頼れる弁護士ガイド~名古屋版 » 交通事故の部位別・障害種別後遺障害 » 脊髄損傷

脊髄損傷

このページでは、交通事故の後遺障害として認定されるものの一つ「脊髄損傷」について、概要や症状、慰謝料の目安などを紹介しています。

脊髄損傷とは

脊髄損傷とはその名の通り、人体の中枢神経である脊髄を損傷すること、そして損傷に伴う運動や感覚機能の障害のことを指します。

脊髄は中枢神経であり、一度傷ついてしまうと再生することはありません。

そのため脊髄を損傷してしまうと、麻痺などの症状が残ってしまいます。脊髄を損傷する原因としては、交通事故や転倒など、さまざまです。

脊髄損傷は損傷のレベルによって、完全損傷と不完全損傷に分けられます。

完全損傷とは脊髄の機能が完全に失われた状態を指します。脳からの命令が絶たれてしまい、運動機能が失われます。また、脳へ情報を届けることもできなくなってしまっていることから、感覚が完全に麻痺した状態になります。

一方で不完全損傷は、脊髄の損傷が一部にとどまっていることから、機能が一部残った状態を指します。麻痺やしびれはあるものの、運動機能がある程度残っている、運動性は失われたものの感覚知覚機能だけが残っているなど、さまざまなケースがあります。

麻痺の症状については大きく高度・中等度・軽度の3段階に分類され、運動性・支持性、基本動作、上肢、下肢について、状態を見極めて判定されます。

上肢と下肢の両方、あるいは片方などの麻痺の範囲もあり、こうした違いが遺障害等級の認定に影響します。

診断等級の目安

交通事故が原因となる脊髄損傷による後遺障害が認められた場合は、症状の程度によって後遺障害等級1級~12級の認定を受けます。

後遺障害要介護第1級1号

後遺障害要介護第2級1号

後遺障害等級第3級3号

後遺障害等級第5級2号

後遺障害等級第7級4号

後遺障害等級第9級10号

後遺障害等級第12級13号

保険会社との交渉前に弁護士に相談する

脊髄損傷の範囲は広く、それに伴い慰謝料の支払限度額も大きく開きが出てきます。たとえば、自賠責基準で第12級の場合は224万円、第3級では2,219万円となります。弁護士基準ではさらに大きくなるケースもあります。

正確な認定を受けるには、早めに検査をして障害を裏付けるデータを用意しておく必要があるでしょう。保険会社との交渉には大変な労力を要しますので、専門的な知識や経験を持つ弁護士に依頼をすることをおすすめします。