交通事故で頼れる弁護士ガイド~名古屋版 » 交通事故の部位別・障害種別後遺障害 » 上肢・手指の後遺障害

上肢・手指の後遺障害

交通事故における上肢・手指の後遺障害とはどのようなもの?

上肢機能障害とは肩関節から肘、手首にかけての腕と、手・指における交通事故後遺障害のこと。

障害の種類は「欠損障害」「機能障害」「変形障害」です。それぞれについて説明していきます。

欠損障害

「挟まれて指を失った」「衝突で上腕から先を切断した」など、物理的に腕の一部、またはすべてを失ったしまった場合。

機能障害

「肘の可動域が狭くなってしまった」「小指が曲がらなくなってしまった」など、腕や指の機能が事故以前と同じでなくなってしまったケース。

変形障害

「長管骨が変形してしまった」「癒合不全が残った」など、元通りの形状に治癒できなかった場合の障害です。

それぞれの欠損認定基準は細かく分類されていますので、下記の等級認定基準を参考にしてください。

上肢の後遺障害等級認定基準

神経症状を残すもの

第12級13号

局部に頑固な神経症状を残すもの

第14級9号 

局部に神経症状を残すもの

欠損又は機能障害

1級4号

両上肢の用を全廃したもの」

1級3号

両上肢をひじ関節以上で失ったもの

2級3号

両上肢を手関節以上で失ったもの

4級4号

1上肢をひじ関節以上で失ったもの

5級4号

上肢を手関節以上で失ったもの

5級6号

1上肢の用を全廃したもの

6級6号

上肢の3大関節中の2関節の用を廃したもの

8級6号

1上肢の3大関節中の1関節の用を廃したもの

10級10号

1上肢の3大関節中の1関節に著しい障害を残すもの

12級6号

1上肢の3大関節中の1関節の機能に障害を残すもの

変形障害

第7級9号

1上肢に偽関節を残し、著しい運動障害を残すもの

第8級8号

1上肢に偽関節を残すもの

第12級8号

長管骨に変形を残すもの

上肢・手指の後遺障害における判断はどう決まる?

見た目でその部位があるのかないのかがわかるような障害であれば、後遺障害認定基準にしたがって慰謝料や保障などの請求もしやすいでしょう。

しかし、神経症状など、外見では判断しづらい後遺障害の場合、判断が難しくなります。たとえば、上記の「神経症状を残すもの」の第12級と第14級との判断の分かれ目は、「医学的な証明ができるか」どうか。

事故の様子から、「そのような神経の症状、痛みが発生するであろう」と説明できれば第14級は認められます。しかし、さらに上級の第12級の認定を受けるのであれば、他覚的所見によって「その症状の原因が事故によるものである」ことを証明しなければなりません。

その場合、MRI検査やレントゲンなど、各種検査の結果が重要なファクターとなるので、覚えておきましょう。