HOME >  交通事故の当事者がすべきこと >  加害者になった場合

加害者になった場合

ここでは、交通事故の加害者が対応すべき義務と責任について解説します。

相手を知ることは、勝つための鉄則

交通事故の被害者にとって、相手側(加害者)がとるべき対応についてきちんと知っておくことは、悪いことではありません。相手の負っているものを知ることで、自分の利益や権利を守ることにつながるからです。というわけで、交通事故の加害者の責任や義務についてまとめてみましたので、是非チェックしておいてください。

警察への届出義務

道路交通法によって、警察へ交通事故の報告義務があります。万が一、無届の場合は、交通事故証明書がとれず、保険金の請求も困難になるので注意してください。もちろん、保険会社への連絡も迅速に行なう必要があります。

加害者に課せられる3つの責任

1.民事責任

被害者に与えた損害を賠償する責任が発生します。物損事故は、壊れた自動車等を修復するための費用を負担。人身事故は、治療費、通院費、入院費、休業補償、後遺障害がある場合は逸失利益・慰謝料の補償が、死亡事故は、逸失利益や精神的損害に対する膨大な支払いが求められます。保険金は基本的には、自賠責保険や任意保険から支払われます。

ところが、中には無保険車を運転していたため、保険から支払うことができないという加害者も・・・。そうした場合は、政府の補償事業に請求することになります。「政府の補償事業に請求できるのは、被害者のみで、加害者からの請求はできない」というルールがあります。被害者側としては、頭に入れておきたいポイントです。

2.刑事責任

不注意な運転で他人を負傷させてしまうと業務上過失致傷罪、死亡させた場合には業務上過失致死罪に問われます。また、無免許や酒気帯び運転、ひき逃げでは道路交通法違反による刑罰が加わります。さらに、悪質な飲酒運転などは危険運転致死傷罪として、より重い罰則になります。

3.行政責任

各都道府県の公安委員会から免許停止、免許取消しなどの行政処分を受けます。