交通事故で頼れる弁護士ガイド~名古屋版 » 【予備知識】弁護士に交通事故の相談をする前に

【予備知識】弁護士に交通事故の相談をする前に

ここでは、交通事故の被害者が知っておきたい、弁護士に相談をするにあたっての基本情報を紹介します。

交通事故の解決に向けて、弁護士がしてくれること。

「交通事故に遭ってしまったら、弁護士に相談する」口で言うのは簡単ですが、事務所を訪問することはもちろん、電話一本かけるにしても、とても高いハードルを感じるものです。

そこで、このカテゴリでは、交通事故の解決までの流れの中で、具体的にどんなポイントについて、弁護士が助けてくれるのかを理解できるようにしました。

弁護士に相談したほうがいいケース

交通事故で損害賠償金を得るためには、加害者や保険会社と交渉しなければなりません。また、治療や後遺症、過失割合などをめぐって対立する主張のなかで交渉する負担を軽減させたい場合など、弁護士に相談したほうがいいケースについてご紹介しています。

怪我が軽症で、弁護士特約に加入していない場合などは費用がかさんでしまうこともあるかもしれませんが、交通事故では、多くの場合、弁護士に依頼したほうがメリットがあります。
最近では、無料相談を行う弁護士も多いようなので、弁護士に依頼するかどうか迷ったときは相談してみることをおすすめします。

弁護士に相談するタイミング

弁護士に依頼するのは、どのタイミングが最適なのでしょうか?事故発生からの経過を整理しながら、弁護士に依頼するタイミングについてご紹介しています。

事故発生後は、まず怪我の治療を行い、治癒もしくは症状固定(それ以上治療を続けても大幅な改善が見込めない状態)と診断された後、示談交渉を開始するという流れです。もし交渉が決裂した場合、調停や裁判に発展します。

こうした被害者や家族の精神的ストレスの軽減のためにも、より早いタイミングで相談することをおすすめします。

相談から解決までの流れ

交通事故が発生してから解決までの一般的な流れについてご紹介しています。交通事故の相談をしてから解決まで、弁護士に頼んだ場合の手続は、どのように進むのでしょうか?具体的なやりとりなどが、どのように進んでいくのかわからない方も多いと思いますが、こうしたことを知っていれば、事前にメモなどを作成し要点を整理しておくこともできるので、スムーズな説明が可能になります。

弁護士の報酬相場

弁護士の報酬相場についてご紹介しています。弁護士の報酬は、成功の程度に応じて金額が決まるので、成功の度合いによって異なります。多くの事務所では、着手金を基準に決定しているようですが、想定される報酬金の額は事前に弁護士に確認しておくとよいでしょう。

また、ケースによって報酬金の額は変わることもありますので、ここで紹介する相場は、あくまで標準的な場合とお考えください。