HOME >  交通事故を弁護士に相談するには >  必要な弁護士費用

必要な弁護士費用

ここでは、交通事故の被害者が弁護士に相談し解決にいたるまでの弁護士費用について解説しています。

弁護士費用の決まり方

交通事故の解決に必要な弁護士費用は、大きく下記のような項目になります。弁護士といえば、高収入な職業の代表的存在ですから、弁護士への報酬も非常に高額にのぼるというイメージを持つ人が多いのではないでしょうか。

しかし、それほど不安になる必要はありません。着手金や実費以外は、示談や訴訟によって得られた利益をベースに定められた割合を支払うことになっているからです。

相談料

示談や訴訟を依頼される場合には、相談料はかからない場合が多いようです。各弁護士事務所により異なりますので、確認してください。

着手金

着手金というのは、弁護士に活動を開始するにあたって、個々の事件に責任を持ち、最大限の努力をしてもらうための約束の証のようなものです。弁護士は、着手金をもとに、医師や目撃者との面談、事故現場の調査などにあたります。

着手金の具体的な金額は、依頼する弁護士事務所や依頼内容によって異なりますが、私のみた範囲では最低20万円くらいからかかるようです。分割の支払いに対応してくれる事務所もありますから、事故という不慮の事態への急な出費になりますから、非常に助かります。またこの着手金は、弁護士費用特約によって支払われる場合は、特約の限度額まで支払うことになります。

報酬金

弁護士にサポートしてもらった請求の結果として得られた経済的な利益に応じて支払う費用です。事務所ごとに細かなルールが定められていますが、損害保険会社の当初提示額から増額した分の約20%程度です。

実費

印紙、郵券、交通費、カルテ翻訳代など、事件処理に要した実費は、依頼者が負担することになります。