HOME >  交通事故を弁護士に相談するには >  弁護士に相談したほうがいいケース

弁護士に相談したほうがいいケース

ここでは、交通事故に遭って弁護士に相談すべきケースについて説明しています。

こんなときは弁護士を頼るべし

弁護士を依頼するメリットのひとつが、「心理的負担の軽減」です、交通事故に遭って、いきなり紛争の当事者になってしまうと、誰でも戸惑います。さらに交通事故と交渉のプロともいえる保険会社の担当者を相手に交渉しなくてはいけない!となると、そのプレッシャーたるやなみなみならないものがあります。

私も、「こちらの言い分はまるで通らずに、相手のいうがまま、されるがままになってしまうのでは」とオロオロしてました。ましてや、仕事も休むことのできない時期でしたので、毎日が憂鬱・・・そこで、弁護士の出番というわけです。

弁護士に依頼すれば、まず自分自身が保険会社と交渉しなくて済みますから、一気に負担が軽くなります。そして何といっても、弁護士に依頼するメリットは、その交渉力です。いろいろな交通事故を知っている被害者救済のプロですから、我々が初めて経験する深刻で複雑なケースにも、的確に対応してくれます。そして、より多くの損害賠償請求を期待することができます。

特に、交通事故に遭って次のようなケースに陥ったら、迷わず弁護士に相談しましょう。

保険会社からの提示額に疑問がある

交通事故の損害賠償額の決め方には、保険会社の基準と弁護士の基準があります。もちろん保険会社の基準のほうが低くなります。弁護士が不在だと、保険会社の基準(当然、弁護士の基準より低い)を軸に行われることになります。

脳に深刻な障害が残ってしまった

高次脳機能障害などでは、必要となる介護の程度で賠償額に大きな違いが出てきます。将来の介護費、過失割合など、弁護士に専門知識にもとづいて慎重に判断してもらうべき事項が絡んできます。

身内の死亡事故である

交通事故で死亡した方が高齢なのか、若年なのかが大きく影響する死亡事故。死亡された方がもらうことができたではずの収入を考慮する逸失利益などの難しい交渉も発生する場合があります。

医療過誤との競合事案である

交通事故で入院した先で医療事故にあい、回復が遅れたり、回復しなかったという場合。医療過誤の専門知識と実績を持つ弁護士に頼るのがベストです。